自由になる

わたしが 夫への違和感を感じ始めたのは

いつからだろう・・・

 

 

私は 過去 完全なるネガティブ人間(病的な)であった。

それに比べ 私の夫は 自由人であったので 

私にはない 彼の自由奔放さ に惹かれて好きになった

苦しみながら生きてきた私は もっと楽しく自由な自分になりたくて

夫の姿を参考にしながら 生きてきたように思う

これまで 私に足りないものを補ってくれた夫には 本当に感謝している

しかし わたしが 私らしく生きていきたいと思えば思うほど

夫との生活に 窮屈感を感じてきたのは事実である

 

彼は 自由なのに 私は自由でないと

少しずつ 感じ始めたのだ

 

彼は 家族思いではあるが

あまりにも ネガティブな思考であることに 最近気づいた

これは世の中の刷り込みの影響だろう

彼は テレビの情報をそのまま真に受けるところがある

 

世の中は 常に恐ろしい罠だらけである

いつ何時 悪の手が自分に襲いかかるかわからない

と  いつも警戒しながら生きているように感じる

 

その異常な心配感が 時々私に向けられる

 

何かに騙されていないか・・・?

体が病気になっていないか・・・?

物がいつなくなるか分からないから 

物を溜め込んでおく だから物は捨てるな!

損をしていないか・・・?

 

そのような不安と恐れで生きているように感じてきた

 

 

家族愛はある 

しかし 利他愛はない

それよりも 不安と恐れの方が優っているので

他人を かなり警戒しながら生きている

新しい出会い 新しい人生の学びなど まったく興味を示さないし

自己啓発の本は 嫌悪感すら抱いてる

興味があるのは テレビとパソコンとゲームと映画かな

それは 否定していない・・・

 

 

ただ 私が 自己啓発のセミナーに行くことを

かなり警戒しているのが困る

騙されていないか・・・金は取られてないか?

いつも 私に確かめる

 

分からないでもない・・・

 

理解できないわけではない・・・

 

ただ・・・わたしは その考え方にずっと翻弄されてきたのだ

 

常に夫に気をつかいながら 生きてきたのだ

 

私の行動を元に 喧嘩になることを避けながら。

 

家の中で 静かに 

 

周りには目立たないように 悶々と・・・病的に 生きてきた・・・

 

 

もう 私を 自由にして・・・

 

それが 私の願い

 

 

 

そのためには まず・・・

 

わたしらしく生きる と決めること

 

夫に神経を使いながら生きることは 止める

 

まずは わたしの思考を変える

 

家の中ばかりいなくていいのだ 外に出よう

 

 

ただ・・・家族を崩壊させようとは思わない

 

家族は 大切にしようと思う 

それだけは 変わらない愛である

 

 

 

 

 

わたしは私らしく生きる 

 

そう決めた

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

広告を非表示にする