私の紋章 白い世界の橋渡し

人との出会い、また、人の死に遭遇することで意識が大きく変わることもある。

人と人、あの世とこの世の橋渡しが役割。大きな成功を目指し、実際大きな仕事を成し遂げますが、その前に下積みがあるようです。

もしも今が苦しい時は、Bigになる前だと思って下積みを味わってください

感謝の気持ちがあれば天とつながりやすく、あちらからのサポートも受けやすいと言われている。

子供の頃から「人生とは?」「死とは?」などの疑問を持ち、自力で学び、大人びた感覚で世の中の理不尽さを見ながら、独自の世界観を持っている人が多い。

子供の頃、学校などで居心地が悪かった記憶を持ってる方は、大人になって、ある程度の年齢に達してようやく居心地よく、ありのままでいられるようになる、

そんな感じの方が多い。

「死」と言うキーワードは、古い自分が死んで、復活すると言う意味で、

おわりではなく始まりを意味しています。

「死」と言う概念は、マヤでは忌み嫌うものではなく、「再生」を意味するものだったと言われています。

小さいころから大人の意識が強く、小学校などでもお友達ができにくい人。

世の中の理不尽さに対して、ある意味あきらめをもっているような気持ちでいることも多く、状況や見方によっては子供らしくなく、可愛げがなく見える時もあります。